他社はなんで新規受注できるの?

他社はなんで新規受注できるの?

金属加工会社の経営者が自社の経営を安定させるには、新規受注を獲得する、既存の仕事を増やす、単価を上げる、といった方法があります。 この3つの方法を聞いて「それができないから悩んでいるんだ」と思うでしょうか。確かにこれらの経営安定策には難しい取り組みもありますが、意外に簡単な方法もあります。身近に、または経営者仲間のなかに「なぜか注文があふれている」金属加工会社がありませんか。そのような会社は新規受注につながる「あること」に取り組んでいます。 ほかの金属加工会社がやっていることを真似してみませんか。...
金属加工、ドイツに学ぶ

金属加工、ドイツに学ぶ

内閣府は2024年2月に、2023年の日本の名目GDPが4.2兆ドルだったと公表しました。ドイツは4.5兆ドルだったので、ドイツが世界3位に浮上して、日本は4位に後退しました。日本は1968年にアメリカに次ぐ2位になり、その42年後の2010年に中国に抜かれて3位に落ち、そのわずか13年後の2023年に4位に落ちたわけです。 このピンチを、日本の金属加工会社がドイツの製造業に学ぶきっかけにしませんか。日本と同じ製造立国であるドイツには、参考になることが多くあります。ドイツの中小製造業企業の取り組みを紹介します。...
機械保険とは?

機械保険とは?

個人でも法人でも、「保険」は身近な存在だと思います。医療保険、生命保険、自動車保険に火災保険、学資保険、海外旅行保険まで。個人でも、改めて数えてみるとこんなに多くの保険に入っていたんだと実感する方も少なくないと思います。 さて、製造業にとって重要な保険といえば…...
金属加工、中国に学ぶ

金属加工、中国に学ぶ

ひと昔前であれば、誰かが「日本の金属加工会社は中国から学ぶべきだ」となど言ったら、「日本のものづくりが中国より劣るというのか」と怒る人がいたかもしれません。しかし現在は状況が一変し、中国の製造業は日本の製造業にない能力を豊富に有しています。...
初任給はいくらにすべきか

初任給はいくらにすべきか

製造業における人手不足は政府が心配するほど深刻化していて、それは金属加工会社も同じなのではないでしょうか。しかし金属加工会社の経営者は、人手不足の解決方法を知っているはずです。そうです初任給の額を上げれば人は集まります。...